近藤印刷のノベルティ実績ブログ

お客様からご注文いただいたオリジナルノベルティや販促品をご紹介しております。

南山大学管弦楽団 様 第100回記念定期演奏会の印刷物を制作させていただきました! 近藤印刷

第100回記念定期演奏会の印刷物を制作させていただきました! 





南山大学管弦楽団様は、
2014年11月、第100回記念定期演奏会
開催されました。
弊社と南山大学管弦楽団様のお付き合いは長く、
今回も印刷物のお手伝いをさせていただきました。
第100回記念定期演奏会編集委員として
無事に大役を果たされた、現役団員部員3年生の
H様にインタビューしました。

=====以下インタビュー内容=======


Q: 第100回記念定期演奏会お疲れさまでした。
通常の定演の印刷物とは内容もボリュームも違うなかで、
どんなご苦労がありましたか?

A: 第100回記念定期演奏会という節目の
大切な回に携わらせていただいたので、恒例の内容に加え、
楽団の歴史をまとめたり、お世話になった方々から
祝辞をいただいたりして進めました。
扱う内容も多く大変に思うこともあったのですが、
OB・OGの先輩方や団員、近藤印刷さんと何度も話し合いを行い
形にすることができました。




Q:印刷物の評価はいかがですか

A: チラシは100回記念ということで
カラー刷りに金色のインクも使い、豪華な仕上がりになりました。
カッコイイ!と好評でした。
こちらのラフ案を、写真を用いた
プロオーケストラのようなデザインに整えて
もらえたことが嬉しかったです。
パンフレットはページ数も多くかなり充実した内容でした。
また表紙のデザイン案は2転3転しましたが、
最終的には第50回定期演奏会のパンフレットを意識した
シンプルな表紙に決まり、こちらも好評でした。




Q:なぜ弊社をお選びいただけましたか


A: 歴代から続いている信頼関係がいちばんの理由です。
クラブハウスに出向いて何回も打ち合わせをしてもらい、
その都度、フレンドリーで親身な対応をしてもらいました。
サービスで付けていただいたクリアしおりは、
会場で来場者アンケートを記入してくださった方へ
記念品として配布し好評でした。


Q:つぎは第200回記念定期演奏会をめざして、がんばってください。

A:ありがとうございます。それは50年後のことですが。(笑)

*************************

インタビューを終えて

1950年に「音楽部」として活動を
はじめられた南山大学管弦楽団様。
長い歴史を持ちますが、
運営をしていくのは現役生のみなさん。
編集の仕事は生まれて初めてという方がほとんどです。
演奏プログラムのイメージを形にしていく喜び、
また、広告主様への広告依頼や他部員様たちとの
意見の調整などの苦労を通して、
一年後には立派な編集者に成長されます。
その姿を見ることは、わたしたちの喜びです。
今後も団のますますのご発展をお祈りいたします。
インタビューに快く応じてくださったH様、
ほんとうにありがとうございました。
一緒にお仕事ができて、嬉しかったです。
(近藤印刷 近藤)